レンジで簡単ホクホクの蒸しさつまいも【ミニマリストの節約レシピ】

蒸しさつまいも 生活

さつまいもを焼き芋にして食べる場合、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼いて食べるのが簡単でおいしい。

しかし、焼きあがるまで1時間弱かかってしまうのがネックだ。

正直、食べたいタイミングで食べられず、とても待ってられない

一方、さつまいもを電子レンジでチンして食べるには、濡れたキッチンペーパーやラップで包んだ後、電子レンジの強と弱を駆使して調理する必要があり、手間がかかる上、コツをつかむまでが難しい。

今回は、おいしい蒸し芋を電子レンジで簡単・素早くつくる方法について、紹介しよう。

 

スポンサーリンク

100円ショップのアイテムを使う!

電子レンジの他に使うのは以下の写真の物だ。

レンジでとうもろこし・さつまいも

これは100円ショップの「レンジでとうもろこし・さつまいも」という製品だ。

私はワッツで購入したが、ダイソーでは見たことがない。

その名の通り、さつまいもだけでなく、とうもろこしを蒸すこともできる。

今回準備したのは下の写真のように20㎝程度の大きめのさつまいもであるが、これぐらいのサイズなら問題なく入れることができる。

20㎝のさつまいも

なお、このさつまいもはスーパーで税込85円で買った物である。

 

簡単・素早いさつまいものレシピ

レシピというほどではないが、この製品の使い方を以下に紹介しよう。

 

洗ったさつまいもをセット

洗ったさつまいもを製品内に置く。

 

フタをする

フタをする。

クックパッドだと、濡れたキッチンペーパーをさつまいもに巻き、その上からラップで包むようなレシピが載っているが、この製品を使えばそんなめんどくさいことをする必要はない。

 

電子レンジ

電子レンジで700Wで7分加熱する。

レンジの強弱を途中で変更する必要はなく、セットした後は、何もせずに仕上がるまで放置すればいいだけだ。

なお、製品には600Wで5分と書いているが、さつまいものサイズによって調整したほうがいいだろう。

私は上記のように700W・7分で毎回調理している。

 

レンチン後のさつまいも

レンチンした後の様子。

これで完成だ。

つまり、さつまいもを洗って、そのままレンジで5~7分加熱するだけである。

なお、調理後のレンジ内は水蒸気で濡れているので、布巾等でふき取ったほうがいいだろう。

 

蒸しさつまいも

出来上がったさつまいもを割ってみた。

くれぐれもやけどには注意しよう。

そのまま食べてもおいしいが、塩をかけて食べるのもおすすめだ。

 

変形してしまったパーツ

なお、一度この製品を使うと、中のパーツが熱で変形してしまうが、気にする必要はないだろう。

 

まとめ

以上が、簡単・素早い蒸し芋のレシピだ。

100円ショップの「レンジでとうもろこし・さつまいも」を使えば、さつまいもを中に入れてそのまま7分レンチンするだけで、おいしい蒸し芋が完成する。

気になった人は100円ショップをぜひチェックしてみよう。

★★★ブログランキング参加中!★★★

↓↓ クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 男性ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
フォローする
ミニマリストちのれんブログ
タイトルとURLをコピーしました