ミニマリスト男の一人暮らし部屋紹介!2019.02

ミニマリストな部屋 部屋

※2020年1月現在の最新の部屋の様子は以下の記事になります。

 

ミニマリストがどんな部屋に住んでいるのか、部屋の間取りやインテリア、家具の配置等を知りたいという人もいるだろう。

下記の記事で、大物家具を処分した時の話を投稿したが、今回はその後の、ミニマリストを目指した部屋の様子を紹介したいと思う。

 

今回掲載した写真は、下記のシンプルライフを実践していた頃の部屋と比較できるものにした。

 

なお、この記事は過去にYoutubeに投稿した動画を元に加筆修正している。
(この動画は近いうちに削除予定である。)

 

スポンサーリンク

リビング

ミニマリストを目指した部屋
まずはリビング(7畳)だが、上の写真のようになっている。

シンプルライフの頃に使用していた机と椅子は、ローテーブルと座布団に変更。

奥には段ボールが1箱、掃除機を置いていたスペースには何も置いていない。

 

窓際のローテーブル
別の角度からの写真。

ローテーブルのサイズは90cm×50cmで、今まで使用していた机(110cm×60cm)よりも小さい。

高さが33cmでちょっと低めということもあり、多少の窮屈感はある。

中央の体重計は変わらずだが、ゴミ箱は白色に変えて部屋の隅に置いている。

 

PC収納箱とカバン
部屋の奥にある段ボール箱。

この中にノートPCと周辺機器、本が数冊入っている。

重くて掃除の際に動かすのが結構面倒なので、今後は中の物を処分して減らしていきたいところだ。

段ボール箱の上に置いているのは、相変わらずの通勤用カバンだ。

 

PCを置いたローテーブル
ローテーブルの上にノートPCを置いてみた写真。

以前紹介したノートPCは約9年使用してファンとバッテリーの調子が悪くなっていたので、大物家具の処分に合わせて買い替えている。

購入したのは中国メーカーの3万円強のWindows PCだ。

機会があればこのPCのレビューもしたいと思う。

 

ミニマリスト部屋とカーテン
カーテンを閉めた状態。

シンプルライフを目指していた頃はダークブラウンで統一していたが、今はアイボリー/ベージュ系のナチュラルカラーで統一している。

背の高い家具がなくなったことと、カーテンの色を変えたことで、圧迫感は大幅に軽減した。

 

寝室

何もない寝室
寝室(3畳)の写真。寝具は収納に片付けているため、寝る準備をするまでは何もない。

 

ミニマリストの寝室と寝袋
寝るときの寝室の様子。

寝具はベッドから寝袋に変更している。

真冬の時期に数か月の寝袋実験をして、問題ないと判断した後、ベッドの処分に踏み切った。

寝袋での睡眠は意外と快適で私としては気に入っているが、唯一の欠点は寝袋の色が部屋に合わないことである。

普段は片付けているから気にしないようにしようと思っているが。

なお、寝袋については以下の記事を参照してもらいたい。

 

トイレ

白いシンプルトイレ
トイレの写真。便座カバー・スリッパは白に変更し、タオルは手ぬぐいに変更している。

すべて100円ショップの物だが、手ぬぐいの柄が気に入らないので、無地の手ぬぐいに買い替える予定だ。

 

結び

以上が、ミニマリストを目指した、2019年2月時点の私の部屋である。

まだまだ改善していきたい箇所は色々あるが、アップデートした際には、当ブログで紹介する予定だ。

タイトルとURLをコピーしました