今月もまたまた下落!ミニマリストの投資事情2022.02

株価チャート 投資

2020年7月から開始した投資だが、今回は2022年2月(投資開始から1年8ヶ月)の投資資産状況を公開しよう。

この投資資産状況については、今月単月の投資内容ではなく、これまでの累計投資金額とその評価額となっている。

なお、このブログの記事を参考に投資して損失を出しても、私は一切責任を取らないので、投資は自己責任でお願いしたい。

ちなみに私が使用している証券会社のうち、楽天証券については、下記の記事で紹介している。

 

 

スポンサーリンク

2022年2月の投資資産状況

では早速投資資産状況を見ていこう。

2022年2月の投資資産状況は以下の通りである。

 

投資中の銘柄の損益

投資額 5,944,074円
(今月371,537円追加投入)
評価額 6,112,364円
損益 +168,290円

 

売買及び配当金の累計損益

累計売買損益 +262,089円
累計配当金 +73,821円
損益 +335,910円

 

総計

投資損益総額 +504,200円
(前月差:-35,711円

 

投資資産内訳:6,112,364円(+168,290円)

※金額は時価評価額(カッコ内は評価損益)で記載。

 

つみたてNISA口座:939,777円(+103,420円)

銘柄 時価評価額[円] 評価損益[円]
eMAXIS Slim
先進国株式
321,927 +57,238
eMAXIS Slim
国内株式(TOPIX)
279,903 +21,649
eMAXIS Slim
新興国株式
232,413 +6,028
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
105,534 +18,505
939,777 +103,420

 

特定口座(米国ETF):5,172,587円(+64,870円)

銘柄 時価評価額[円] 評価損益[円]
HDV 1,134,596 +115,151
VYM 1,107,847 +106,564
JEPI 1,010,270 -36,988
PFF 990,859 -49,571
XLRE 956,817 -42,484
5,200,389 +92,672
税引後想定 5,172,587 +64,870

参考為替レート:115.27円/USD

NISA以外の含み益については、税引後を想定して0.7倍で計算。

 

売却損益(2022年2月分):0円

今月の売却銘柄はなし。

 

配当金(2022年2月分+α):9,843円

2022年2月分+αの配当金は以下の通り。

 

2022年1月分(前回未計上分)

銘柄 配当金[円]
DGRW 1,590
DLN 1,716
XSOE 130
3,440

 

2022年2月分

銘柄 配当金[円]
JEPI 4,339
PFF 2,058
6,403

 

投資開始1年8ヶ月での累計配当金は73,821円。

なお、配当金及び売却金のうち米ドルで保有している分については、記事執筆時点の為替レート115.27円/USDでの概算値となっている。

 

2022年2月時点での投資額は5,944,074円、投資損益総計は+504,200円となった。

 

ネコさん
ネコさん

今月も下落したな・・・

ちのれん
ちのれん

そんなことより世界平和の方が気がかりだ。

 

以下に各銘柄の概要を紹介する。

 

投資資産の概要

投資信託

主に楽天証券のつみたてNISAで購入している投資信託。

これまで国内株式、先進国株式、新興国株式のインデックスファンドを積み立て購入していたが、今月からS&P500インデックスファンドの積み立てに1本化した。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

米国で時価総額の大きい主要500社で構成する時価総額加重平均型の株価指数「S&P500指数」に連動する投資成果をめざして運用を行う投資信託。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
APPLE INC 7.0
MICROSOFT CORP 6.1
AMAZON.COM INC 3.3
ALPHABET INC-CL A 2.1
ALPHABET INC-CL C 2.0

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

日本を除く先進国22ヵ国に上場する大・中型株を構成銘柄の対象とした「MSCIコクサイ・インデックス」と連動する投資成果をめざして運用を行う投資信託。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
APPLE INC 5.1
MICROSOFT CORP 4.0
AMAZON.COM INC 2.4
ALPHABET INC-CL A 1.5
ALPHABET INC-CL C 1.4

※現在は積み立て購入していない。

 

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

東京証券取引所第一部上場全銘柄を対象として、算出・公表している株価指数「東証株価指数(TOPIX)」と連動する投資成果をめざして運用を行う投資信託。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
トヨタ自動車 4.4
ソニーグループ 3.1
キーエンス 2.0
三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.6
リクルートホールディングス 1.6

※現在は積み立て購入していない。

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

新興国の主要銘柄を対象とした時価総額加重平均型の指数「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」と連動する投資成果を目指す投資信託。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
TAIWAN SEMICONDUCOR MANUFAC 7.2
TENCENT HOLDINGS LTD 4.3
SAMSUNG ELECTRONICS CO LTD 3.7
ALIBABA GROUP HOLDING LTD 2.7
MEITUAN-CLASS B 1.4

※現在は積み立て購入していない。

 

米国株式

個別銘柄ではなくETFを購入。

定額自動買付けに設定するため、楽天証券からSBI証券での購入に切り替えた。

 

HDV:iシェアーズ コア 米国高配当株ETF

財務健全性が高く、同時に持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国企業への投資機会を提供する「モーニングスター配当フォーカス指数」の価格と利回りパフォーマンスに連動した投資成果を目指すETF。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
EXXON MOBIL CORP ORD 9.01
AT&T INC ORD 6.79
CHEVRON CORP ORD 6.70
JOHNSON & JOHNSON ORD 5.60
ABBVIE INC ORD 5.30

 

VYM:バンガード 米国高配当株式ETF

高い配当利回りの銘柄で構成されている「FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス」のパフォーマンスへの連動を目指すETF。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
JPMORGAN CHASE & CO ORD 3.55
HOME DEPOT INC ORD 3.21
JOHNSON & JOHNSON ORD 3.09
PROCTER & GAMBLE CO ORD 2.65
BANK OF AMERICA CORP ORD 2.48

 

JEPI:JPモルガン エクイティ プレミアムETF

S&P500指数に関連するリターンの大半を提供することを目指す一方、ボラティリティーを下げながら投資家のリスクを軽減し、さらに収益を増加させることを目指すETF。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
S&P 500 INDEX ELN 16.86
OLD DOMINION FREIGHT LINE INC ORD 1.69
ACCENTURE PLC ORD 1.67
MICROSOFT CORP ORD 1.66
INTUIT INC ORD 1.63

 

PFF:iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF

ニューヨーク証券取引所、アメリカ株式取引所及びナスダック証券取引所に上場される一部の優先株で構成された「S&P U.S. Preferred Stock Index」の価格および利回り実績と同等水準の投資成果を目指すETF。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
BROADCOM INC 2.92
WELLS FARGO & CO PFD 1.86
DANAHER CORP PFD 1.49
BANK OF AMERICA CORP 1.38
DANAHER CORP PFD 1.23

 

XLRE:不動産セレクト セクターSPDR ファンド

S&P不動産セレクト・セクター指数の値動きと利回り(手数料および経費控除前)に概ね連動する投資成果を上げることを目標としているETF。

組入上位銘柄

銘柄 比率[%]
AMERICAN TOWER CORP ORD 11.77
PROLOGIS INC ORD 10.98
CROWN CASTLE INTERNATIONAL CORP ORD 7.73
EQUINIX INC ORD 7.18
SIMON PROPERTY GROUP INC ORD 4.95

 

ミニマリスト2022年2月の投資資産状況まとめ

私の2022年2月時点での投資資産状況は、投資額が5,944,074円、投資損益総計は+504,200円となった。

株価は乱高下をしているが、定額での定期買付けを粛々と行っていくつもりである。

 

ちのれん
ちのれん

引き続き配当金を積み上げていく・・・

 

参考になるかどうかは分からないが、次月以降も可能な限り投資資産状況を公開していく予定だ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました