ゲームパッドのボタンをキーボードに割り当てるコツ!【同時押し】

Windowsキーボード 趣味

ゲームをプレイしたいが、自宅にゲーム機を置きたくない、というミニマリストの方もいるのではないだろうか。

その場合は、スマホやPCでゲームをすることになる。

しかし、スマホのタッチパネルは、ゲーム機でやるようなタイプのゲームの操作には不向きだ。

 

操作が誤爆しまくってゲームにならないぜ

 

そこで今回は、PC(Windows)のゲームをキーボードでプレイするということ想定し、ゲームパッド(コントローラー)のボタンをキーボードに割り当てる「最適なキー割り当て」について考える。

※あくまでWindowsであり、Macは考慮しない。

ゲーム用のコントローラーさえ所有せずにゲームをプレイしたいと考えている人の参考になれば幸いだ。

 

スポンサーリンク

最終的に到達したキー割り当て

私が最終的に到達したキー割り当ては、以下の通りだ。

ゲームパッドのキー割り当て

  • 方向キー:WASD
  • 4ボタン:GHBN
  • LRボタン:JM
  • セレクト:スペースキー
  • スタート:エンターキー

スーパーファミコンのコントローラーような、「十字キー4ボタンLRボタン」の組み合わせをキーボードに割り当てる場合を想定してみた。

それでは、どうしてこのようなキー割り当てに到達したのかについて説明していこう。

ただし、私のPCのキーボードは英語キーボードであり、日本語キーボードとは異なる点もあると思うので、その辺は注意していただきたい。

必ず自分のキーボードで試してみることが大切だ。

 

ゲームパッドのボタンをキーボードに割り当てる際に意識したこと

私がキーボードをゲームに使用する際に意識したことは以下の通りだ。

  • カーソルキーは使わない
  • 同時押しできる組み合わせにする
  • LRボタンは右手に集約する

では詳細について説明する。

 

カーソルキーは使わない

ゲームパッドの方向キーをPCのカーソルキーに割り当てる人も多いと思うが、私はそうしなかった。

カーソルキー

 

左右の手の役割を入れ替えない

理由の1つは、左右の配置上の問題である。

ほとんどのゲーム機は、方向キー(十字キー)を左手で、その他のボタンを右手で操作するように設計されている。

しかし、PCのカーソルキーは右側に配置されており、右手で操作するようになっているものが多い。

ゲームパッドの方向キーをPCのカーソルキーに割り当てた場合、左右の手の役割が入れ替わることになる。

このような割り当てにしてしまうと、方向操作あるいはボタン操作のどちらかで、操作しづらいなどの支障が生じるだろう。

したがって、左手で方向操作を行うことを考えて、カーソルキーはあえて使わないという選択をした。

 

FPSと同じ操作系に慣れる

2つ目の理由は、方向操作をWASDのキーで行うというのが、PCのFPSというジャンルのゲームでよく利用されている操作体系だからだ。

※FPS:ファーストパーソンシューティング。主観視点の銃撃戦ゲームの総称。

WASDでの操作

普段からWASDのキーで方向操作を行うことに慣れていれば、FPSをプレイする場合にも役立つのではないかと考えたのが、このようなボタン割り当てにしている理由だ。

 

同時押しできる組み合わせにする

PCのキーボードをゲームで使用する場合、一番の問題点は「同時押し」である。

PCキーボードのキーは同時押しできる組み合わせが限られている。

「キー○個まで同時押し可能」という形で、押すキーの数で制御されているならわかりやすいのだが、そうではなく、「このキーと、このキーと、このキーは同時押しできない」などの組み合わせが存在する。

そして、ゲームパッドのボタンを、同時押しできないキーに割り当ててしまった場合、押したキーが反応しないという状態が発生してしまうわけだ。

このため、割り当てたキーが同時に押せるかを確認する必要がある。

この確認のため、私は以下のサイトを利用している。

キーボード同時入力テスト

 

私が割り当てたキーについて、このサイトでの確認結果は以下のようになる。

同時押し結果

設定したキー全てが同時押し可能だ。(ただしキーボードを押す指が限界だったため、セレクトとスタートの同時押しは試していない)

厳密にいえば、方向キーは全てが同時押しできる必要はない。

ゲームパッドでは、左と右あるいは上と下を同時に押すことはないからだ。

しかし方向キーの各斜め方向+他のキーの組み合わせをイチイチ確認するのが面倒なので、4方向全て同時押し+他のキーの組み合わせで確認している。

なお、前述の「カーソルキーを使わない理由」にも該当するのだが、カーソルキーは同時押しできる組み合わせが少ない。

特にカーソルキー右上+他のキーは同時押しできる組み合わせが極めて少ないことが、上記のサイトで確認してみるとわかるだろう。

 

LRボタンは右手に集約する

ゲームパッドのLRボタンは、通常はLボタンを左手で、Rボタンを右手で操作するようになっている。

しかし、私はL・Rの両方のボタンを右手で押すように配置してみた。

その理由は、単純に方向キー+Lボタンをキーボードの左手側だけに割り当てると、操作するのが難しくなるためだ。

通常、ゲームパッドでは親指一つで方向キーを操作する。

しかし、PCキーボードのWASDキーを使う場合、左手の「人差し指+中指」あるいは「人差し指+中指+薬指」で方向操作を行うことになる。

これに加えてLボタンまで左手で操作するとなると、操作の難易度が格段に上がる。

このため、私はLボタンについてもRボタン同様、右手で操作する配置にしている。

ゲームパッドをPCのキーボードに割り当てるというより、格闘ゲームなどのアーケードスティックをPCのキーボードに割り当てるイメージと言ってもいいかもしれない。

PCゲームのFPS操作に慣れたいのであれば、Lボタンを左手で操作するよう割り当てるのもいいだろう。

その際は、上記のサイトで同時押しできるキーにLボタンを割り当てよう。

 

ゲームパッドのボタンをキーボードに割り当てる「最適なキー割り当て」まとめ

以上が、私が到達した最適なキー割り当てとその理由だ。

もう一度まとめると、

キー割り当て

  • 方向キー:WASD
  • 4ボタン:GHBN
  • LRボタン:JM
  • セレクト:スペースキー
  • スタート:エンターキー

 

割り当てる際に意識したこと

  • カーソルキーは使わない
  • 同時押しできる組み合わせにする
  • LRボタンは右手に集約する

となる。

キーボードでゲーム操作をしようとして、同時押しに反応しないなどの症状に悩まされていた人は上記組み合わせを試してみてほしい。

 

まぁ、結局はゲームパッドが欲しくなるんだけどな

ちょwwwこの記事の意味ないやん

 

 

★★★ブログランキング参加中!★★★

↓↓ クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 男性ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
趣味
フォローする
ミニマリストちのれんブログ
タイトルとURLをコピーしました