ミニマリストの家計簿2023.12

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

電卓とミニマリストの家計簿 家計簿

家計簿公開2023年12月分。

 

スポンサーリンク

生活費:106,821円

生活費一覧

費目 金額[円]
住居費 31,360
光熱費 2,418
食費 9,229
生活用品 1,502
通信費 1,686
娯楽費 600
医療費 10,460
被服費 4,690
家具・家電 0
交通費 2,040
交際費 42,836
合計 106,821

それでは詳細を見ていこう。

 

生活費の内訳

住居費:31,360円

家賃(水道代込)。

近隣と比較しても家賃の安い物件に該当すると思うが、家賃1万円ぐらいの物件に住んでいる人に比べたらまだまだである。

ちなみに登録型派遣のため、会社からは金銭的な補助や手当は1円も出ず、寮でも社宅でも実家でもない。

 

ちのれん
ちのれん

つまりチートは一切なしってことだ

 

光熱費:2,418円

光熱費内訳

費目 金額[円]
電気代 1,069
ガス代 1,349
合計 2,418

 

電気代:1,069円

電気代は1ヶ月遅れで請求が来るので、今回は11月に使用した分である。

今月は先月とほぼ同等で、またまた3桁達成はならず。

 

ガス代:1,349円

ガス代は締め日の関係上、今回は11月中旬~12月中旬の使用料金となっている。

なお、現段階では備え付けのガスコンロを使用していないため、全額シャワー代だ。

寒さは増していると思うが、ガス料金も先月とほぼ同じで、健闘しているのではないだろうか。

 

食費:9,229円

食費内訳

費目 金額[円]
食材費 6,823
おやつ・間食 2,406
外食 0
合計 9,229

今月はクリスマスにちょっと贅沢をしてしまった影響でおやつ代がちょっと高め。

 

生活用品:1,502円

いつも使用する消耗品をドラッグストアや100円ショップなどで購入。

1,000円台半ばなので平均的と言えるだろう。

 

通信費:1,686円

通信費は1ヶ月遅れで請求が来るので今回は11月使用分。

通信費内訳

費目 金額[円]
mineo Sプラン デュアル1G 基本料 1,301
mineo パケット放題Plus 385
mineo通話料 0
合計 1,686

今月請求分は通話料も発生しておらず固定料金のみ。

 

ちのれん
ちのれん

mineoで
・1.5Mbps使い放題
・パケットの無期限繰り越し
・夜間高速通信無料(ゆずるね特典)
などをフル活用しているのでmineoは今後も継続!

 

mineoの斬新なサービス内容や料金体系を見てみたい方は、mineo公式ページをチェックしてみよう。

 

娯楽費:600円

娯楽費内訳

費目 金額[円]
サーバーレンタル料 550
Amazonギフトカード 15
auスマートパスプレミアム 35
合計 600

いつものサーバーレンタル料とアマギフの他に、auスマートパスプレミアムの日割り分が発生。

新規加入後3ヶ月間はauPAYマーケットのクーポンがもらえるようなので、しばらく加入する予定。

 

医療費:10,460円

過去に治療した箇所の経過観察のための胃カメラ検査と、後日の結果説明分。

2年ぶりの検査のため不安はあったが、今回の検査結果は特に問題なし。

 

被服費:4,690円

被服費内訳

費目 金額[円]
トライアル 3wayバッグ 2,990
トライアル 革靴 1,590
ダイソー 手袋 110
合計 4,690

仕事用のビジネスバッグと革靴をトライアルで購入。

ユニクロの商品が高騰しているため、最近はコスパのいいトライアルで買っている。

その他には、ダイソーの滑り止め付きスマホ対応手袋を購入。

 

交通費:2,040円

電車移動時の電車賃。

 

交際費:42,836円

交際費内訳

費目 金額[円]
正月用実家食費 30,000
お年玉 10,000
実家用酒類など 2,836
合計 42,836

正月用の実家食費として毎年3万円を負担している。

その他、姪へのお年玉1万円と、ポイ活目的を兼ねた実家用の酒類・生活用品など。

 

その他の支出(補足)

以前は甥2人に毎月学費と生活費の仕送りを行っていたが、2人とも社会人となったため、現在は仕送りを終了している。

子育て支出が完全に終了しているのは、FIRE/投資界隈でも珍しいのではないだろうか。

 

ちのれん
ちのれん

私立校の学費も支払ってやったぜ(ドヤァ

ネコさん
ネコさん

一生結婚はしない~

 

ミニマリスト2023年12月の生活費まとめ

私の2023年12月の生活費は106,821円だった。

年に1度の正月用支出と胃カメラ検査に加え、突発的に発生した被服費が重なったため、目安の5万円を大きく上回っている。

来月以降はこういった支出はない予定なので、普段通りの5万円以下を目指したいところだ。

なお、下記の記事では貯金のコツについて紹介しているので、興味のある方は参照してもらいたい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました