立ちはだかる5万円の壁!ミニマリストの生活費2021.07

電卓とミニマリストの家計簿 生活費

所有物を減らすことで余計な物を買わなくなり、結果としてお金の節約にもつながる。

こういった節約目的でミニマリストを目指している方も多いのではないだろうか。

そのような方の参考になるかどうか分からないが、私は毎月の生活費を公開することにしている。

今回は2021年7月の生活費を公開しよう。

なお、過去の生活費記事を読んでない人のために、同じ内容の箇所は過去の文章をそのままコピペして掲載するが、決して手抜きではない。

ちなみに私は一人暮らしなので参考にする場合はその辺を考慮いただきたい。

 

スポンサーリンク

2021年7月の生活費

では早速生活費を見ていこう。

2021年7月の生活費は以下の通りである。

 

生活費総額:51,217円

生活費内訳

費目 金額[円]
住居 27,770
光熱費 5,616
食費 6,889
生活用品 1,113
通信費 1,902
生命保険 3,545
娯楽 4,382
51,217

今月はかなりいい線をいったかと思いきや、またしても5万円超えとなってしまった。

娯楽費がいつもより高かったのが原因だろう。

それでは詳細を見ていこう。

 

生活費の内訳

住居:27,770円

住居費内訳

費目 金額[円]
家賃+共益費 27,000
火災保険 770
27,770

近隣と比較しても家賃の安い物件に該当すると思うが、家賃1万円ぐらいの物件に住んでいる人に比べたらまだまだである。

 

光熱費:5,616円

光熱費内訳

費目 金額[円]
水道代 2,750
電気代 1,584
ガス代 1,282
5,616

 

水道代:2,750円

水道代については、毎月2,750円の定額となっている。

自分の使用量からするとやや割高だが、家賃が安いのでここは妥協するしかない。

 

電気代:1,584円

電気代は1ヶ月遅れで請求が来るので、今回は6月に使用した分である。

先月よりも100円程度高い。

原因がちょっと分からないが、このまま1,500円前後をキープしていきたいと考えている。

 

ガス代:1,282円

ガス代は締め日の関係上、今回は6月中旬~7月中旬の使用料金となっている。

なお、現段階では備え付けのガスコンロを使用していないため、全額シャワー代だ。

暑くなってきたものの、水だけのシャワーは厳しく、お湯と水をブレンドして使っている。

今月~来月あたりが1年を通しての最低料金となることだろう。

 

食費:6,889円

食費は先月に引き続いて、今月も低い水準となっている。

実家で3日間ほど過ごしたことと、今月は食材のまとめ買いのタイミングではなかったことが原因ではないだろうか。

そういう意味では月ごとにアップダウンがあるので、年平均で見たほうがいいのかもしれない。

 

生活用品:1,113円

今月の生活用品は主にシャンプーや洗剤、歯ブラシ、トイレットペーパー等の消耗品がメインとなっている。

このため出費の額としてはいつもより小さい。

今回は100円ショップでの買い物がそれほどなかったが、使えそうな製品があれば今後もどんどん買って試していく予定である。

 

通信費:1,902円

通信費内訳

費目 金額[円]
docomo ガラケーsim 997
mineo Dプラン500MB+SMS 905
mineo パケット放題Plus 0
光回線 0
楽天モバイル 0
1,902

今月分からmineoの「パケット放題」を「パケット放題Plus」に契約変更している。

月額はどちらも同じだが、現在パケット放題Plusの新規加入キャンペーンをやっており、このキャンペーン期間に申し込みをしたので、今月含めて3か月間パケット放題Plusの料金が無料になる予定だ。

 

生命保険:3,545円

前職で入っていた労働組合の生命保険に、退職後も引き続き継続加入している。

今月は、毎月の生命保険料2,545円に加えて、年に1度の年会費1,000円の支払いが発生している。

退職後も労働組合のサービスを受けるには、年1,000円の会費が必要なためだ。

ちょっと高い気もするが、歳をとっても支払額が変わらないのは魅力だ。

 

娯楽:4,382円

娯楽費内訳

費目 金額[円]
サーバーレンタル料 550
書籍 3,428
コンビニコピー 330
Amazonギフト券 74
4,382

今月の娯楽費用は計4,382円と、かなりの金額になってしまった。

サーバーレンタル料はこのブログの運営費で、毎月550円の支払いとなっている。

 

その他では、今月は書籍の購入費が3,428円と突出している。

今回購入した書籍はKindle書籍ではなく、ブックオフで買った勉強関連の古本がメインである。

現在は学生の身分なので、勉強関連の書籍は躊躇せずに買っていくつもりだ。

 

コンビニコピーは同様に勉強関連の資料の印刷に掛かった費用。

Amazonギフト券については、プリペイドカードであるバニラVISAカードの少額残高を、Amazonギフト券にチャージすることで使い切ることを目的に購入している。

 

ミニマリスト2021年7月の生活費まとめ

私の2021年7月の生活費は総額51,217円だった。

生活費月4万円台を目標としているが、今月は惜しくも1,217円オーバーとなってしまった。

 

ちのれん
ちのれん

結局、まだ1度も4万円台に到達していない・・・

 

ある費用が低くなっても別の費用が高くなってしまったりして、トータルで費用を下げるのがなかなか難しいと感じている。

次月以降も可能な限り生活費を公開していく予定だ。

なお、下記の記事では貯金のコツについて紹介しているので、興味のある方は参照してもらいたい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました